40代からでも綺麗になれる

美肌になるためのスキンケアとインナーケア

30代・40代になると急に肌悩みが増えてきませんか?

「肌の潤いがなくなってきて、季節を問わず乾燥してきた

「シミの数が増えたり、毛穴のたるみが気になる

「目元まわりの小じわにファンデーションが落ち込み、しわが目立つ」

などなど...

 

でも、悩んでいるだけでは、美肌になれませんよね。

今日から、「美肌になるためにできること」を始めてみませんか?

 

当サイトでは、30代・40代の女性の肌悩みを解決するために、

 

「スキンケア」と「インナーケア」

 

の両面から美肌になる方法をお話しします。

 

 

美肌になるための具体的な方法

美肌になるために自分でできることは、どんなことがあるのでしょうか?

美肌になるためには、「保湿」がポイントです。

潤いのある肌になるためには、

自ら潤う肌にする
潤い成分を外から補ってあげる

ことが必要になります。

そのための具体策は、次のようなことです。

 
体の外側からの対策
体の内側からの対策

これらのことができていれば、きっと美肌に近づくはずです。

いきなり全部完璧にしようとすると3日坊主になってしまうので、出来ることから習慣にしていけると良いですね。

美肌になるためには、継続することが大切ですので、無理なくできることから始めましょう。

 

 

美肌になるためのスキンケア

美肌になるために一番重要なスキンケアは何だと思いますか?

 

それは、「肌に潤いを与えること」です。

 

美白化粧品などの基礎化粧品にも、しっかりと大切な保湿成分は配合されています。

 

シミやくすみ対策も年齢に応じて必要ですが、「肌に潤いを与えること」は肌の土台作りにもなる大切なケアです。

 

美肌になるスキンケアのポイント

  • 正しい洗顔(ターンオーバーを正常にして肌本来の潤いを取り戻すため)
  • しっかり保湿(年齢とともに肌の潤い成分が減ってしまうため)
  • 紫外線対策(紫外線が潤い成分まで破壊するため)

 

1⃣ 洗顔(肌本来の力を取り戻す)

正しい洗顔できていますか?

 

正しい洗顔は、美肌になるカギでもあります

 

なぜなら、肌のターンオーバーと関係しているからです。

 

ターンオーバーとは、簡単に言うと「肌の生まれ変わり」のことです。

 

このターンオーバーが正常だと、セラミドなどの肌の潤い成分を、自ら作り出すことができるので、肌はいつもプルプル潤っています。

でも、この作り出す力は、年齢とともに弱くなってきてしまいます。

 

特に、40歳前後は注意が必要かもしれません。

 

急激に肌の質が変化してきますからね。

 

間違った洗顔方法を続けていると、肌の老化を速めてしまう可能性もあります。

 

肌質が変わってきた?と感じたら........

 

・「洗顔方法」は間違っていないか。

・「メイク落とし」はメイクに合ったクレンジングを使えているか。

・「洗顔料」は、肌への刺激が強くないか。

 

クレンジング・洗顔の両方をチェックしてみてください。

 

「洗顔方法」や「洗顔料」を替えるだけで、肌トラブルが改善する人も少なくありませんよ。

 

 

2⃣ 保湿(潤い成分を補う)

みずみずしく、うるおいのある肌になるためには、「正しい洗顔」が大切です。

 

泡立ちの良い洗顔料を使って、正しい方法で洗顔すれば、ターンオーバーが正常に戻り、自らうるおう肌に近づいていきます。

 

ただ、それだけでは不十分です。

 

なぜなら、年齢とともに、潤い成分を作る力が弱くなるので、正しい洗顔をしていてもセラミドなどの潤い成分は、徐々に減ってきてしまいます。

 

さらに、女性はメイクをしますので、クレンジングの時に、セラミドなどの成分も洗い流しています。

 

なので、洗顔の後に、化粧水や美容液などの基礎化粧品でしっかりと保湿することがやっぱり必要なのです。

 

30代後半から40代の女性は、年齢とともに減っていく保湿成分を外から補ってあげるスキンケアが、美肌への近道でもあります。

今使っているその基礎化粧品と、あなたの肌の相性とはどうですか?

 

特に肌トラブルもないから、ずっと同じ基礎化粧品を使っている。ことはありませんか?

その基礎化粧品の使用感に満足していれば良い事なのですが、こんなものかな?という曖昧な使い心地は、相性が良いとは言えません。

 

相性が良いというのは、使用感、テクスチャー、香りなど満足できる化粧品のことです。

 

満足できる化粧品こそ、肌に合っている相性の良い基礎化粧品なんです。

 

もし、自分の肌に合わないものを使い続けているとしたら.........

 

本来なら、今よりもっと美肌でいられたはずなのに、しみやシワが目立って、年齢以上に見られていたら.......

 

年齢より肌がキレイで、グーンと若く見える人、あなたの周りにいませんか?

 

もちろん、その人が使っている化粧品だけが美肌の理由ではないと思いますが、毎日使うということを考えれば、少なからず影響はありますよね。

 

5年後、10年後も美肌でいられるように、少しの後悔も引きずらない為にも、もう一度、保湿ということを考えて、基礎化粧品を見直してみることも大切です。

 

POLA B.Aセラムレブアップ

ポーラ最高峰のエイジングケアブランド「B.A」の新感覚美容液。数々のベストコスメ1位を受賞するほどの実力です!保湿力が凄い!

高級化粧品なので、お値段は高めですが、口コミの評価も驚くほど高いです。納得できるだけの効果が期待できる美容液ということですね。

本気でみずみずしいハリ感のある肌を目指すなら、一度は試ししたいおすすめの美容液です。

基礎化粧品(トライアルセット)

40歳前後になると、急激に肌質が変化します。季節・年齢・体調などによって肌は大きく影響を受けてしまいます。今お使いの基礎化粧品、本当にあなたの肌に合っていますか?

毎日使うものだから、肌に合った基礎化粧品を使えば、無理なく効果的に美肌に近づけます。色々試してみるのも楽しいですよ。

オールインワン化粧品

忙しい生活スタイルの人、時短・簡単にスキンケアしたい人には、オールインワン化粧品がおすすめです。初回限定のお得な価格で、相性の良いオールインワンジェルを探してみませんか?

1つ手元にあると、とても便利ですよ。

 

3⃣ 紫外線対策
(潤い成分を破壊させないために)

紫外線対策=シミ対策と思われる人が多いと思います。

 

もちろん、正解ですが、それだけではありません。

 

紫外線対策は、肌の保湿対策でもあります。

 

紫外線を浴びすぎると、肌のハリや弾力の役割をするコラーゲンやヒアルロン酸が破壊されてしまいます。

 

これらの成分が破壊されると、肌に潤いがなくなり、シワが増えてしまいます。

 

シワが多い人は、年齢よりも老けて見えますよね。

 

ただでさえ、コラーゲンやヒアルロン酸は、年齢とともに減ってしまうのに、さらに紫外線を浴びることでそのスピードを早めてしまうということです。

紫外線対策は、シミのケアだけでなく、エイジングケアという意味でも、本当に大切です。

 

最近は、塗る日焼け止めで対策すると同時に、飲む日焼け止めを服用する人が増えています。ダブルで対策することで、今までよりも確実に紫外線対策ができます。

 

最近の日差しは、昔よりキツイと思いませんか?

 

肌に突き刺さるようにピリピリと感じます。

 

万全の紫外線対策で、潤いのある美肌をキープしたいですね。

 

美肌になるためのインナーケア

「インナーケア」とは、体の内側から綺麗にするということです。

 

色々なものをバランスよく食べたり、簡単な運動を普段の生活に取り入れたり、10分でもいいから睡眠時間を増やしてみたりなど。

 

生活習慣を見直すことで、体の内側からも美肌になることを心がけたいですね。

インナーケアの3つのポイント

肌は、年齢を重ねるほど外からの刺激(紫外線や乾燥など)と、身体の中からの影響(ストレスやホルモンバランスなど)を長時間受けることになります。

 

そして、シミ、シワが増えたり、潤い不足で肌が乾燥、たるみが現れ、肌の老化が進みます。対処しなければ、肌の老化はどんどん加速していきます。

 

シミのない透明なマシュマロ肌になる為のインナーケアのポイントは3つです。
 


 

 

3つのポイント

 

腸内の環境を整えてあげましょう。

 

おなかの調子はいかがですか。女性なら、便秘気味の人が多いかもしれませんね。
肌は、もともと食物から摂った栄養分から出来ています。食べたものは小さく分解されて、栄養分として体に吸収されます。

その吸収する働きをしているのが主に「腸」です。腸内環境が整っていないと、栄養分を十分に吸収することができません。

 

肌を作る栄養分がうまく吸収されなければ、きれいな肌を作ることはできませんよね。肌のもとである栄養分を吸収してくれる腸内環境を整えることは、美肌になるためには、特に大切です。

 

おなかの調子はどうですか?毎日スッキリしてますか?腸内環境を整えて、身体の内側から美肌になっていきましょう。

次に、身体全体の血の巡りを良くしましょう。

 

血行を促進した方が身体に良いのは、ご存知ですよね。血の巡りが悪いと十分に栄養分が身体に回らずに滞ってしまいます。そうなると、せっかく食事から吸収した栄養分も、身体の隅々まで行き渡りません。

 

血行促進とは、体を温めるということなので、ゆっくりとお風呂に入る、適度な運動、マッサージをするなど、血の巡りを良くして体を温めるようにしてください。

 

 

3つめは、肌のコラーゲンを増やしましょう。


コラーゲンを増やすには、「線維芽細胞」がポイントです!

 

「線維芽細胞?」漢字ばかりの難しい言葉に思えますね。
でも、この「線
維芽細胞」は、肌のハリと弾力を保つために、ものすごく活躍している、無くてはならない存在です。
 

肌の奥の真皮という部分で、肌の弾力やハリに必要な「コラーゲン」が作られています。その「コラーゲン」を生み出しているのが「線維芽細胞」です。

 

特に40歳前後になって肌のハリや弾力がなくなってきたなあ。と感じたら、さっそく線維芽細胞を活発にしてあげましょう。   

 

 

 

もっと詳しくスキンケアとインナーケア

スキンケア(体の外側からのアプローチ)
インナーケア(体の内側からのアプローチ)

運営者プロフィール

  • HN:ちょも
  • 年齢:40代

日本化粧品検定1級、コスメコンシェルジュの資格保有。
ごくごく普通の主婦ですが、40代になって増える肌悩みを自分で対策をしたいと思って資格を取得しました。