これを知っているのと知らないのでは大違い

皮膚の構造

皮膚の構造

美肌になるために、肌がどのような作りになっているのか皮膚の構造も知っておくと、化粧品やサプリを選ぶ際時に役立ちますよ。

 

最近、肌にハリがなくなったなあ。

乾燥が気になるなあ。
しみ、シワが増えてきたなあ。などなど........。

 

肌に悩みが出てきたとき、皮膚の構造を知っていると、どのようにスキンケアしてあげればいいのか、わかってきます。


ハリがないのは、コラーゲンが減ってきているからかも。じゃあ、表皮下にある、真皮のケアを重点にしなきゃ。とか、肌の乾燥が気になるから、表皮の角層部分のケアをしなきゃ。など、自然に考えれるようになると思います。

 

それでは早速「皮膚の構造」について下の図で説明しますね。

図を見てみると、皮膚は、

 

  表皮
  真皮
  皮下組織


3層になっています。そして、皮下組織の下には筋肉があります。

 

身体の部分にもよりますが、皮膚はとても薄くて「表皮」と「真皮」を合わせても0.5ミリから1.5ミリ程度しかないんです。

 

なので、肌はやさしく丁寧にケアしてあげなければいけません。

 

表皮

表皮は、紫外線や細菌、外部からの刺激から体を守ってくれています。そして、水分の蒸発を防いでいます。表皮をもっと細かく見てみると、

  

  角質層(かくしつそう)
  
顆粒層(かりゅうそう)
  
有棘層(ゆうきょくそう)
  
基底層(きていそう)

 

4層になっています。この表皮の厚さは0.2ミリ程度しかありません。

 

 角質層には、角質細胞と角質細胞の間に「細胞間脂質」があって、角質細胞を繋ぎ合わせています。

「細胞間脂質」の主な成分は「セラミド」です。

この「セラミド」肌の潤いを保っています。

 

そして、基底層でできた細胞が、次々と分裂を繰り返して、角質層に達し、最後はアカとなって剥がれ落ちます。

 

このサイクルのことを、皆さんがよく知っている「ターンオーバー」と言います。

 

「ターンオーバー」は、美肌になるためのポイントになることなので、【スキンケアのポイント】のところでもう少し詳しくお話しますね。

 

真皮

次に真皮ですが、真皮は表皮のすぐ下にあって、表皮を支えながら水分や栄養を与える役割があります。この真皮には、

 

  コラーゲン
  エラスチン
  ヒアルロン酸 


肌にハリをもたせる成分が含まれています。

肌に弾力があるのは、真皮の中のコラーゲンが網の目になっているためで、そのコラーゲンを繋ぎとめている釘のような役割をしているのが、エラスチンです。

 

肌にハリを求めるなら「コラーゲン」「エラスチン」が大切です!

 

 そして、網の目になっている隙間を埋めているのがヒアルロン酸で、ヒアルロン酸はゼリー状になっていて水分を保ってくれてます。

 

肌に潤いを求めるなら「ヒアルロン酸」が大切です!

 

「セラミド」「ヒアルロン酸」も肌に潤いを与えてくれますが、「セラミド」は表皮にあって、バリアをして水分を逃がさないようにしています。

 

「ヒアルロン酸」は真皮にあって、水分の多いゼリー状のものです。「ヒアルロン酸」などの水分を逃がさないように蓋をしているのが「セラミド」という感じです。


肌の潤いには、「セラミド」も「ヒアルロン酸」どちらもとても大切だということですね。

 

そして、真皮でポイントとなるのが「線維芽細胞」です!

 

「線維芽細胞」ってあんまり聞かないですよね。

 

美容液などで、成分欄にコラーゲン、ヒアルロン酸はよく目にしますが、「線維芽細胞」とは書いていません。

 

「線維芽細胞」は、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を産み出す働きをしています。肌のお母さん的な存在になっているのが「線維芽細胞」です。

 

なので「線維芽細胞」を刺激して活性化することも美肌には重要です。

 

 

 

今月のおすすめ

今までのニキビ対策で、効果が出なかった人へ!
皮脂の分泌を抑える効果が国から認められた唯一の成分「ライスパワーNO.6」配合。
「大人ニキビ」「毛穴の悩み」などの肌トラブル対策に、画期的な美容液が新発売されました。