うるおい美肌になるためにスキンケアで押さえておきたい3つのポイント!

スキンケアで大切なのは、いかに肌に潤いを与えるかということです。

シミやシワ、ニキビや毛穴の開きなどほとんどの肌悩みは、肌が乾燥することが原因と言っても過言ではありません。

ですので、毎日のスキンケアでは、まずは肌の保湿のことを第一に考えて対策していきましょう。

クレンジングも洗顔も基礎化粧品を使うのも、すべて潤いのあるみずみずしい肌にするためです。

肌に潤いを与えるためのスキンケアのポイントは次のとおりです。

スキンケアのポイント

  • 正しい洗顔(ターンオーバーを正常にして肌本来の潤いを取り戻すため)
  • しっかり保湿(年齢とともに肌の潤い成分が減ってしまうため)
  • 紫外線対策(紫外線が潤い成分まで破壊するため)

正しい洗顔(ターンオーバー)

あなたは、正しい方法で洗顔をしている自信ありますか?

間違った洗顔は、肌を傷つけ、更には肌の老化も加速させます。

まずは、正しい洗顔方法でターンオーバーを正常にしましょう。

 

ターンオーバーとは、「肌の生まれ変わり」のことです。

表皮の一番下にある基底層で生まれた細胞が、一番表面に近い角質層に到達して、最後は垢になって剥がれ落ちるサイクルのことをターンオーバーといいます。

基底層で細胞分裂によって出来た新しい細胞は、有棘層(ゆうきょくそう)、顆粒層(かりゅうそう)の順に押し上げられ、最後に角質層からアカとなって剥がれ落ちます。

 

ターンオーバーは、年齢によっておおよその日にちが決まっています。

身体の部分や個人差により異なりますので、一概には言えませんが、目安として20代で28日前後が理想的と言われています。

年齢が上がるほどターンオーバーは遅くなり、30代で40日前後40代で55日前後になると言われています。

40代だと20代の約2倍にもなります。

年齢を重ねるにつれてキズの治りが遅くなることからも、ターンオーバーが遅くなっていることはわかりますよね。

ターンオーバーは、遅すぎても早すぎても良くありません。

40代の方は55日くらいが正常です。

ターンオーバーが正常なら、セラミドなどの肌の潤い成分を、自ら作り出すことができるので、肌は潤っています。

でも、潤いを作り出す力は、年齢とともに弱くなってきます。

 

ターンオーバーが乱れる大きな原因の一つが、間違った洗顔です。

特に、洗いすぎには注意しましょう。

肌の表面の潤い成分まで洗い流してしまうと、肌を守ろうとして、まだ十分に成長していない未熟な細胞が、肌の表面に押し上げられます。

未熟な細胞が押し上げられた肌は、、肌のバリア機能が不十分な肌のため、様々な肌トラブルのもとになってしまいます。

肌の調子が優れないと感じたら........

 
  • 洗顔方法は間違っていないか。
  • メイク落としはメイクに合ったクレンジングを使えているか。
  • 洗顔料は、肌への刺激が強くないか。

など、クレンジング・洗顔の両方をチェックしてみてください。

洗顔方法や洗顔料を変えるだけで、肌トラブルが改善する人も少なくないようです。

 

 

しっかりと保湿する

みずみずしく、うるおいのある肌になるためには、「正しい洗顔」が大切でしたね。

泡立ちの良い洗顔料を使って、正しい方法で洗顔すれば、ターンオーバーが正常に戻り、自らうるおう肌に近づいていきます。

でも残念ながら、美肌になるためには、それだけでは十分だとは言えません。

年齢とともに、潤い成分を作る力が弱くなるので、正しい洗顔をしていてもセラミドなどの潤い成分は、徐々に減ってきてしまうからです。

さらに、女性はメイクを落とす際、肌にもともとあるセラミドなどのうるおい成分も洗い流しています。

なので、洗顔の後に、化粧水や美容液などの基礎化粧品でしっかりと保湿することがやはり必要になってきます。

30代後半から40代の女性は、年齢とともに減っていく保湿成分を外からも補ってあげるスキンケアが、美肌への近道にもなります。

では、今使っている基礎化粧品と、あなたの肌との相性はどうでしょう?

「特に肌トラブルはないから、ずっと同じ基礎化粧品を使っている」なんてことはありませんか?

その基礎化粧品の使用感に満足できていれば問題ありませんが、こんなものかな?という曖昧な使い心地は、相性が良いとは言えません。

相性が良いというのは、使用感、テクスチャー、香りなど満足できる化粧品のことです。

もし、自分の肌に合わないものを使い続けているとしたら.........

本来なら、今よりもっと美肌でいられたはずなのに、しみやシワが目立って、年齢以上に見られていたら.......穏やかな気持ちではいられませんよね。

年齢より肌がキレイで、グーンと若く見える人、あなたの周りにいませんか?

もちろん、その人が使っている化粧品だけが美肌の理由ではないと思いますが、毎日使うということを考えれば、少なからず影響はありますよね。

5年後、10年後も美肌でいられるように、年齢、季節などに応じて、基礎化粧品を見直してみることも大切です。

 

 

紫外線対策

紫外線対策は万全ですか?

日焼けやシミを気にしている人なら、必ずしている紫外線対策。

でも、どうして、紫外線は肌に良くないのでしょうか?

紫外線はシミの原因ですよね。

紫外線を浴びすぎると肌の中に活性酸素が大量にできてしまいます。

この活性酸素がシミの原因になります。

 

でも紫外線はシミの原因になるだけではありません。

紫外線を浴びすぎると、肌のハリや弾力の役割をするコラーゲンやヒアルロン酸が破壊されてしまいます。

これらの成分が破壊されると、肌に潤いがなくなり、シワが増えます。

シワが多い人は、年齢よりも老けて見えますよね。

 

ただでさえ、コラーゲンやヒアルロン酸は、年齢とともに減ってしまうのに、さらに紫外線を浴びることでそのスピードを早めてしまうのです。

紫外線対策は、シミのケアだけでなく、肌の潤いを守るためにも必要なのです。

 

万全の紫外線対策で、潤いのある美肌をキープしたいですね。

 

 

 

人気商品

冬に美白?と思うかもしれませんが、冬だからこそ美白ケアで効果が出やすい!

注意点は、しっかり保湿もできること。「ホワイピュア薬用美白クリーム」は、保湿力が高くて、ピンポイントでも使える人気の美白クリームです。

今月のおすすめ

完全無添加でとっても肌に優しい洗顔石鹸です。

防腐剤やエタノール、石油系界面活性剤を使っていないのはもちろん、成分表示する義務のない微量な有害物質「キャリーオーバー」も含んでいません。