シワやたるみを改善するポイントは

線維芽細胞を活性化する化粧品

30代後半から40代になると、シワやたるみが急に気になってきませんか?

そんな悩みを少しでも改善するために「線維芽細胞」についてお話しします。

 

線維芽細胞とは

線維芽細胞とは、肌にハリや潤いを与えているコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などのもととなる細胞です。

 

ハリのある肌を取り戻し、見た目年齢も下げたいと思ったら、「線維芽細胞」を刺激して活性化することが大切です!

「線維芽細胞」は、真皮の中の主な成分の
  
  コラーゲン
  エラスチン
  ヒアルロン酸

を作り出すもとになる細胞です。

 

これらの成分は、肌のハリや弾力をもたらす役割があります。肌のハリを取り戻すためには、この線維芽細胞を刺激して活発にしたり、増やしたりすることがポイントです。

 

  • コラーゲンを食べたり肌に塗ったりするのは効果があるの?

残念ながら、「コラーゲン」「エラスチン」「ヒアルロン酸」は、20歳頃を境に、どんどん減ってしまいます。


40代になると、急激に減少し始めて、20代のころの半分くらいまで減少します。

 

なので、早めにケアしないと30代,40代で深いシワができて、年齢以上に見られるかもしれません。そうなる前に、早くなんとかしたいですよね。

コラーゲンを食べる

「肌の弾力がなくなるのはコラーゲンが減ってしまうから」と言うなら、コラーゲンをたくさん食べたら良いのでは?と思いますよね。

 

でも、たくさん食べれば良いという訳でもないのです。

 

コラーゲンは、たんぱく質の繊維で、約20種類のアミノ酸がつながってできています。


コラーゲンを食べても、アミノ酸に分解されてしまって、食べたコラーゲンがそのまま吸収されるという訳ではありません。

 

アミノ酸は、体のさまざまな部分を構成する材料となります。

 

筋肉や臓器もアミノ酸でできていますので、コラーゲンを増やそうと思ってアミノ酸を摂っても、そのアミノ酸が必ずしもコラーゲンを作るのに使われるとは限りません。

 

コラーゲンを食べても、コラーゲンは増えずに筋肉が増えたりする可能性もあるということです。

 

コラーゲンを直接肌に塗る

では、コラーゲンを直接肌に塗るのはどうでしょうか?
 

実はこれも、コラーゲンを増やすためには無意味なんです。


コラーゲンの分子はかなり大きいので、肌に塗っても浸透していきません。

 

コラーゲンやヒアルロン酸が配合されている化粧品もたくさんありますが、化粧品に配合されているコラーゲンやヒアルロン酸は、あくまで保湿成分として配合されています。

 

肌の表皮を保湿するには有効ですが、肌の奥の真皮にまでは浸透していきませんので、コラーゲンやヒアルロン酸を塗ったとしても、真皮内のコラーゲンやヒアルロン酸が増える訳ではありません。

 

 

線維芽細胞を活性化しましょう

そこで、注目されているのが「線維芽細胞」です。

 

「線維芽細胞」を活性化すれば、コラーゲンをより多く作り出すことが出来るので、肌のハリを取り戻せる可能性があります。

 

線維芽細胞を内側から活性化する(サプリ)

線維芽細胞を体の内側から活性化するには、「コラーゲンペプチド」がおすすめです。

 

コラーゲンは食べてもあまり意味がないかもしれませんが、コラーゲンペプチドというかたちで摂取すると、線維芽細胞の活性化に有効です。

 

実際に、コラーゲンペプチドを経口摂取することで、線維芽細胞を活性化することができるという実験結果もあります。

 

粉末状のコラーゲンペプチドだと料理や飲み物に入れても摂取しやすいので、まだ試したことが無いとう方は一度お試しください。

 

 

 

線維芽細胞を外側から活性化する(化粧品)

線維芽細胞を活性化する成分はいくつかありますが、個人的に一番おすすめなのは「ビタミンC誘導体」です。美容の専門医もビタミンC誘導体を推奨しています。

 

ビタミンC誘導体とは、ビタミンCを安定して肌に届けることができるように改良したものです。

 

ビタミンCは、美白効果があるということは良く知られていますが、実は、コラーゲンを生成する際には、欠かすことができない成分でもあるのです。

 

ビタミンCが無ければコラーゲンを作り出すことはできません。

 

「ビタミンC誘導体」の中でも「APPS」と言われているビタミンC誘導体は、従来のビタミンC誘導体の100倍の浸透力があるということですので、おすすめです。

ただ、ビタミンC誘導体が安定していると言っても、時間が経てば酸化してしまいます。長期保管の化粧品は、たとえ未開封でもビタミンC誘導体の効果が少なくなっている可能性もあります。

 

ですので、ビタミンC誘導体配合の化粧品を選ぶ際には、製造年月日をチェックしたり、日の当たる場所に陳列されていないかなどを見て選ぶようにしましょう。

 

できれば、購入してから自分でビタミンC誘導体を混ぜるタイプの化粧品がおすすめです

 

そして、保管するときは、日の当たらない冷暗所で保管するようにして、出来るだけ早く使い切るようにしましょう。

 

 

今月のおすすめ

完全無添加でとっても肌に優しい洗顔石鹸です。

防腐剤やエタノール、石油系界面活性剤を使っていないのはもちろん、成分表示する義務のない微量な有害物質「キャリーオーバー」も含んでいません。