正しい洗顔で美肌になれる!

洗顔

美肌になるための洗顔

洗顔は、スキンケアの基礎です。

朝のスキンケアは、就寝中に分泌された汗や皮脂やほこりなどを洗うことが目的です。

夜の洗顔は、ほこりや汗、肌に残った汚れやメイクなどを落とすことが目的です。

 

今すぐやめるべき洗顔法のチェックシート

  • 汚れや皮脂が気になるところは力を入れこすり、時間をかけてゆっくり洗う
  • 汚れをしっかり落としたいので、熱めのお湯で洗う
  • 洗い流す時は、シャワーで直接洗い流す
  • 洗顔後は、タオルでこすって水分を拭き取る

間違いやすい洗顔法

  • 1
    汚れや皮脂が気になるところは力を入れこすり、時間をかけてゆっくり洗う

人の皮膚はとても薄く、真皮+表皮でだいたい2.0㎜です。こんなに薄い皮膚に力を入れて、こすり洗いすると摩擦で肌を傷つけてしまいます。

クレンジング同様、短時間で落とすようにしましょう。

  • 2
    汚れをしっかり落としたいので、熱めのお湯で洗う

熱いお湯で一気に洗い流すと汚れも落ちそうですよね。でも、入浴時の40度ほどのお湯で洗い流すと、肌に必要な潤いまで一緒に洗い流してしまいます。

32度〜34度くらいの少し冷たいと思うくらいの温度で洗い流してください。

  • 3
    洗い流す時は、シャワーで直接洗い流す

シャワーでの洗い流しは、とても簡単ですよね。でも、シャワーの水圧は、肌にかなりの刺激と負担かけてしまいます。

手ですくって優しく洗い流しましょう。

  • 4
    洗顔後は、タオルでこすって水分を拭き取る

洗顔後にタオルを上下左右にゴシゴシこすって水分を取る事はやめましょう。摩擦で肌荒れ、シミなど色素沈着の原因にもなりかねません。

優しく押さえて拭き取ってください。

 

 

正しい洗顔

スキンケアの中でも、洗顔は特に肌に直接的な刺激を与えるケアです。どんなに、食事や紫外線に気をつけていても、それ以上に間違った洗顔を続けていれば、肌へのダメージは免れません。

 

洗顔法は、とっても大切です。

 

洗顔の目的は、水だけでは落としきれない汗や汚れなどを落とすことです。

 

そこで気を付けたいのが、洗いすぎです。

皮脂が気になり一日に何度も洗顔をするとまだ剝がさなくてもいい角質まで洗い落としてしまいターンオーバーを早めてしまいます。

洗顔は一日2回程度にしましょう

 

肌は、ターンオーバーをする途中で「セラミド」などの保湿成分をつくりながら、肌の表面の角質層に達します。

ターンオーバーが正常だと、肌の表面には保湿成分が十分に備わっています。


でも、洗いすぎると、無理に角質を落とすことになり、保湿成分が十分できていない未熟な肌が、表面に出てきてしまということになりますよね。

 

そうなると、保湿成分が少ない、肌のバリア機能も働かない、乾燥肌や敏感肌の原因になってしまうんです。


 

皮脂や汚れが残っていると、今度は逆にターンオーバーが遅くなってしまいます

いつまでも古い角質が残っている状態になり、肌が荒れて、くすみの原因にもなってしまいます。

 

「正常なターンオーバー」のためには、汚れは落とす』『肌にダメージを与えない』ことが大切です。

 

肌のトラブルは、ターンオーバーが正常でない原因の場合が多いようです。そして、ターンオーバーを乱しているのは洗顔方法かもしれません。

 

洗顔の手順は、

  • 手を洗う(手に付いている菌が顔に付かないように)
  • ぬるま湯で優しく洗う(体温より低い温度くらい)
  • 洗顔料を使う(もこもこの泡で、手が肌に触れないように泡をくるくると回す感じ)
  • 泡を洗い流す(シャワーを顔に直接かけない。手で流す)
  • タオルで拭き取る(やわらかいタオルで押し当てるように)

 

「肌を手で直接触らない」「こすらない」ところがポイントですね。

 

洗顔料は、泡立ちが良いものを。もちろん、泡立ちが良ければ何でもよいという訳ではありません。肌にやさしい成分で、吸着力があるものがベストです。

  • 良い洗顔せっけんを使う
  • 正しい洗顔方法を実践する

「良いせっけん」で「正しく洗う」ようにしてくださいね。

「洗顔」は、美肌になるために、かなりポイントになる部分です。

 

 

今月のおすすめ

今までのニキビ対策で、効果が出なかった人へ!
皮脂の分泌を抑える効果が国から認められた唯一の成分「ライスパワーNO.6」配合。
「大人ニキビ」「毛穴の悩み」などの肌トラブル対策に、画期的な美容液が新発売されました。