できるだけ活性酸素を作らない生活を

活性酸素(紫外線対策)

紫外線対策が必要な理由

シミができる大きな原因といえば、紫外線ですよね。でも、なぜ紫外線を浴びるとシミができてしまうのでしょうか?

 

紫外線が、肌にどんな影響を与えるのかを知れば、「もっとしっかりと紫外線対策をしなければ...」と思うようになるかもしれません。

 

活性酸素

 紫外線がなぜシミの大きな原因になるのかというと、それは、紫外線を浴びると大量の活性酸素が発生するからです。

 

活性酸素とは、活発な酸素のことです。

 

細菌や紫外線など、体に良くないものが体内に入ってくると、活性酸素がたくさん発生して、細菌や紫外線などを退治しようとするのです。

 

活性酸素は、私たちの身体を守ろうとしてくれるのですが、同時に、体のさまざまな部分も酸化させてしまうことにもなります。

 

酸化とは、リンゴの皮をむいてしばらくすると茶色に変色したり、鉄が錆びるような感じです。活性酸素で体が錆びてるくるようなイメージです。

その酸化するダメージをやわらげるために、メラニン色素が活性酸素を吸収します。

 

メラニン色素は、メラノサイトというメラニンを作りだす工場で作られます。

 

そして、このメラニン色素が活性酸素を吸収してくれるのですが、メラニン色素が増えすぎると、色素が沈着してシミになってしまうという仕組みなんです。

 

正常な細胞が酸化されないように、メラニン色素が身代わりになって、酸化されてくれる感じですね。 

  • 紫外線を浴びると活性酸素が大量にできる
  • 活性酸素を吸収するためにメラニン色素が増える
  • メラニン色素が活性酸素を吸収してシミになる

メラニン色素は、酸化から私たちの身体を守ってくれます。でも、シミになってしまう可能性もあります。

 

なので、シミにならないためには、出来るだけメラニン色素を作らせないような環境で生活することが大切なんですね。つまり、活性酸素を少なくしてあげる必要があります。

 

乱れた食生活ストレスなどでも活性酸素は増えるので、シミの原因になり得ます。

 

でも、一番はやっぱり紫外線対策です。

 

紫外線は、活性酸素を大量に作ってしまうので、シミのない美肌を目指すなら、紫外線対策を欠かすことができません。

 

ターンオーバー

シミを少しでも減らすためには、紫外線対策と合わせてターンオーバーを正常にすることも心がけましょう。

 

ターンオーバーとは、肌の生まれ変わりのことです。

ターンオーバーが正常だとメラニン色素は、角質層から剥がれ落ちてしまいます。なので、日焼けによるシミをつくらないためには、ターンオーバーを正常にすることも大切です。

 

また、ターンオーバーの過程で、セラミドなどの保湿成分が作られます。この保湿成分が角質層にしっかりと満たされていると「肌のバリア機能」が働きます。

 

肌のバリア機能が働いている肌は、肌内部の水分の過剰な蒸発を防いでくれると同時に、ウイルスなどの外部刺激から肌を守ってくれます。

 

紫外線も外部刺激の一つですので、肌のバリア機能がしっかりとしていれば、紫外線の影響も受けにくくなるということです。

紫外線対策をしないとターンオーバーが乱れ、肌のバリア機能が弱くなってしまうので、ますます紫外線の影響を受けやすくなり、悪循環になってしまうということです。

 

しっかりと紫外線対策をし、ターンオーバーを正常にすれば、シミのない美肌に近づけるはずです。

 

ターンオーバーを正常にするには、「間違ったスキンケアをやめること」「生活習慣を見直すこと(インナーケア)」が大切です。

 

 

 

日焼け止めクリーム

私たちの体に届く紫外線には、UV-A」「UV-B」の2種類あります。  

  • UV-A・・・肌の奥の真皮にまで届く紫外線でシワたるみの原因
  • UV-B・・・肌の表面の表皮に届く紫外線でシミ日焼けの原因

紫外線対策として一般的には、日焼け止めのクリームを使うことが多いですよね。

 

日焼け止めを購入するときは、日焼け止めのパッケージに表示されている「PA」「SPF」を見てください。どの日焼け止めにも大きく表示されているので、よく見る文字だと思います。

  • PA・・・UV-A(シワやたるみ)に効果がある成分
  • SPF・・・UV-B(シミや日焼け)に効果がある成分

 

「PA」は、「PA+」から「PA++++」まであって、「+」が多いほど強力になります。

 

「SPF」は、「SPF20」とか「SPF50」があって、数字が大きいほど長持ちします。「SPF1」だと効果が約20分続くと言われています。なので、「SPF20」だと効果が約400分です。

 

日焼け止めの表示の意味は分かっていただけたと思いますが、日焼け止めには、いろいろな種類がありますよね。どんな日焼け止めを選んだら良いのでしょうか?

 

UV対策は、季節、環境、その日一日の過ごし方によって、変わってきます。PA+も多く、SPFも大きい方が良いのでは?と思いがちですが、強力なだけ、肌への負担も大きくなるので、目的とか状況に応じて使い分けると良いですね。

 

普通に、買い物や散歩などの生活スタイルなら
 
  「PA+」~「PA+++」
  「SPF20」~「SPF30」

くらいでも大丈夫だと言われています。

 

また最近は、飲む日焼け止めも、多くの人が使っています。身体の内側から活性酸素を減らすことで、効果を発揮します。「塗る日焼け止め」と「飲む日焼け止め」を併用すれば、日差しの強い日でも安心です。

 

今月のおすすめ

今までのニキビ対策で、効果が出なかった人へ!
皮脂の分泌を抑える効果が国から認められた唯一の成分「ライスパワーNO.6」配合。
「大人ニキビ」「毛穴の悩み」などの肌トラブル対策に、画期的な美容液が新発売されました。