乾燥肌・シワ・たるみが気になる大人の女性のための化粧品紹介

美肌になるためには絶対に無視できません

腸内環境 

腸内環境を整える

おなかの調子が優れない時って、なんだか頭がすっきりしないし、メイクのノリも悪い気がしませんか?やっぱり、おなかって大事なんですよね。

 

美肌に限らず、健康的に生活するためには、腸内環境を整えることが、もしかしたら一番大事なのかもしれません。

 

腸内環境を整えれば、健康的になれるし、健康あってこその美肌なので、腸内環境のことを無視して美肌にはなれません。

 

善玉菌と悪玉菌

私たちの腸の中には約500種類の腸内細菌が、総数で100兆個もいると言われています。

顕微鏡で見ると、腸内の細菌が花畑のように見えるから、「腸内フローラ」って呼ばれています。

 

腸内細菌は、健康維持に貢献する「善玉菌」、健康に害を及ぼす「悪玉菌」、そのどちらでもない「日和見菌」の3つに分けることが出来ます。

 

そして、「善玉菌」を、全体の約20%に維持できれば健康でいられるということです。「善玉菌」が多ければ多いほど良いという訳でもないんですね。

 

ただ、年齢を重ねるにつれて「悪玉菌」が増えてしまうので、食事から「善玉菌」を増やす努力をしないと、20%に維持するのも難しいのかもしれません。

 

「善玉菌」は、人間の腸内では、「乳酸菌」の一種「ビフィズス菌」だと思って良いとも言われています。なので、「ビフィズス菌」を増やすような食事をする必要があるのですね。

 

善玉菌を増やすには

「ビフィズス菌」を食べると、善玉菌である「ビフィズス菌」が増えます。

 

当たり前のように思われるかもしれませんが、実は、食べた「ビフィズス菌」そのものが腸内の善玉菌になるわけではありません。

 

善玉菌が増えるのは、食べた「ビフィズス菌」が免疫細胞を刺激して、自分がもともと持っている「ビフィズス菌」が増えるという事らしいのです。

 

そして、生きた「ビフィズス菌」でも、死んだ「ビフィズス菌」でも免疫細胞を刺激することには変わりないので、効果はどちらも同じなんです。

 

「生きた乳酸菌が腸に届く」と言うような言葉をよく聞きますが、生きていても死んでいても、関係ないって事なんですね。

ヨーグルト500mLには、約50億の「ビフィズス菌」が入っているそうです。

 

「50億も入っているんだ~」って思われるかもしれませんが、腸内細菌100兆に対して、50億程度の「ビフィズス菌」が、どれほどの効果をもたらすのかよくわかっていないということです。

 

50億というのは、腸内細菌の数からすると、少ないということなんですね。なので、ヨーグルトは、あくまで「善玉菌」を増やす可能性があるということだけなんです。

 

ヨーグルトで、確実に腸内環境が改善するという訳ではないんですね。

 

だからと言って、ヨーグルトを毎日食べることが悪い訳ではありません。一種類の食べ物に頼るのは、バランスも悪いので、ヨーグルトも含め、腸にやさしい食べ物を幅広く食べることが大切です。

 

ヨーグルトの食べ方でおすすめは、砂糖を入れずに食べることです。どうしても甘みが欲しいければ、オリゴ糖果物の甘みで食べてください。

 

オリゴ糖や食物繊維は、「善玉菌」の餌になるので、「善玉菌」が増えて、腸内環境が良くなっていきます。

 

乳酸菌は量が大事

腸内細菌は100兆個という、とんでもない数なので、腸内環境を改善するためには、その、とんでもない数の腸内細菌に影響を及ぼすだけの菌の量が必要です。

腸内環境を改善するには、結局は摂取した菌の量が大切ということです。

 

普段からおなかの調子が良いという方は、バランスの良い食事ができていると思いますので、そのまま継続していけば良いと思いますが、いつもおなかの調子がおかしいという方は、食事を見直す必要があるかもしれません。

 

また、サプリでたくさんの菌を摂取するのも有効です。サプリだと、とても効率よく、簡単にたくさんの菌を摂取することができます。

 

乳酸菌サプリで注目したいのは、やっぱり乳酸菌の量です。

 

サプリは、あなたの腸内環境を整える救世主になってくれるかもしれませんので、乳酸菌の量が多いサプリを試してみてください。

 

 

食生活を見直したり、サプリメントを利用しても腸内環境が良くならない時は、ストレスが関係している可能性もありますので、ストレス解消についても考えるようにしましょう。

 

また、腸内環境が良くなったかどうかを確かめるには、便の状態を観察すればわかるということです。

 

腸内環境が整っていれば、お通じもきちんと毎日あって、あまり臭いもないようです。臭いが強かったリ、硬かったりするときは、まだ腸内環境が整っていないということですね。

 

腸内環境を整えるためのポイント

食生活の改善(バランスの良い食事)

サプリメントが効果的(乳酸菌の量が大切)

ストレス解消

 

 

人気商品

冬に美白?と思うかもしれませんが、冬だからこそ美白ケアで効果が出やすい!

注意点は、しっかり保湿もできること。「ホワイピュア薬用美白クリーム」は、保湿力が高くて、ピンポイントでも使える人気の美白クリームです。

今月のおすすめ

完全無添加でとっても肌に優しい洗顔石鹸です。

防腐剤やエタノール、石油系界面活性剤を使っていないのはもちろん、成分表示する義務のない微量な有害物質「キャリーオーバー」も含んでいません。