しっかりと紫外線対策をしましょう

シミ・そばかす

 

シミの原因と対処法

年齢を重ねるごとに、なぜか増えるシミ。一度出来るとなかなか消えず、見た目の印象も変えてしまう厄介者です。


シミの原因と対処法を正しく理解しましょう。

紫外線

シミの原因で、もっとも大きいのが、紫外線と言われてます。

紫外線には、A波「UV-A」、B波「UV-B」、C波「UV-C」があります。中でも、私たちの身体に大きく影響を与えている紫外線は、「UV-A」と「UV-B」です。シミ対策では、どちらに対しても紫外線対策が必要です。

 

UV-A

波長が長く、真皮(肌の弾力やハリを保つ部分)に影響を与えますので、しわ、たるみの原因になります。紫外線の9割を占めていて、日常の生活で、常に浴び続けている紫外線です。晴れの日はもちろん、曇りの日でも紫外線はたくさん降り注いでいます。油断せず、日焼け止めなどでUV対策をしましょう。

 

UV-B 

私たちの皮膚の中でも、表皮(皮膚の一番外側の部分)に直接的な影響を与えます。皮膚が赤くなって炎症を起こす日焼けや、しみ、そばかすの原因にもなります。

 

活性酸素

紫外線を浴びると身体の中では、活性酸素が増えてしまいます。

 

活性酸素は、普通に生活していても、人の身体の中で、日頃から作られているものです。体の中に入ってくる細菌などを酸化させてやっつけてくれるので、活性酸素自体がすべて悪いという訳ではありません。

 

でも、増えすぎると正常な細胞なども酸化させてしまいます。私たちは、活性酸素を抑える力(抗酸化力)を持っていますが、残念なことに、年齢とともにその力が弱くなってしまいます。

 

活性酸素が必要以上に作られると、老化の原因にもなるので、肌の酸化を防ぐ為にも、抗酸化作用のある食品を上手に取り入れましょう。 

活性酸素を発生させるもの

  • 紫外線
  • ストレス
  • 食生活の乱れ
  • 激しい運動
  • たばこ、お酒の飲みすぎ
  • 排ガス、細菌など体に害のあるもの

 

間違ったスキンケア・炎症(ニキビ)など

クレンジングや洗顔で、メイクや汚れをキレイさっぱり、落とす事に重点をおきすぎて、必要以上の力で皮膚をこすっていませんか?

 

洗い上がりがサッパリした方が好みだなあ。と思う方、多いのではないでしょうか。私もその中の一人です。でも、力の入れ過ぎは、やめましょう。

 

意識していても、知らず知らずのうちに、ついつい、力が入ってしまいますよね。皮膚にダメージや炎症を与えてしまい色素沈着などを起こして、シミの原因となってしまう可能性があります。

 

また、ニキビなどをつぶしたりすることも、刺激や炎症を皮膚に与えて色素沈着によるシミになりますので、絶対にしないでください。

 

肌にダメージを与えないよう、常にやさしく!を心がけて洗顔してくださいね。

シミの種類・対処法

シミと言っても、シミの種類や原因も様々です。美白化粧品を使っても効果がないシミもあります。シミのタイプを見極めて効果的なケアをしていきましょう。

老人性色素班

シミの中でもっとも多いタイプです。

大きさは、数ミリから数十ミリあり、紫外線の影響で、ターンオーバーが乱れ、メラニンが上手く排出されずに蓄積されて出来ます。

対処としては、紫外線対策を十分にしてください。初期の薄いシミなら美白化粧品で対策できます。ただ、定着してしまった濃いシミは消えませんので、レーザーなどの治療が必要になります。

雀卵斑(そばかす)

遺伝的な要因が多く、紫外線の影響を受けると濃くなることもあります。

大きさは、直径2、3㎜で丸い形ではありません。小さな点状で、頬や鼻などに出来ます。

対処としては、こちらも、紫外線対策をしっかりしてください。美白化粧品を使っての効果は薄いようです。シミ取り治療をした後でも再発の可能性はあるようです。

炎症後の色素沈着

ニキビや傷跡などの炎症が治った後に残ったシミです。

対処としては、美白化粧品での効果が期待できます。ニキビをつぶしたり、傷口など必要以上に触れないようにしましょう。洗顔時も刺激を与えないよう優しく洗ってください。

肝斑

左右対称で、頬骨付近にできます。紫外線の影響や女性ホルモンバランスの崩れ(更年期など)などによって出来るシミです。

対処としては、こちらも紫外線対策。そして、美白化粧品で効果が現れる事もあるようです。

また、内服薬として定番のトラネキサム酸は、効果が出やすいようですが、内服する場合は、服用の決まりを守り、適切に飲むようにしてください。      

美白成分

・アルブチン

・コウジ酸

・エラグ酸

・トラネキサム酸

・リノール酸

・ビタミンC誘導体  など