美肌になるために見逃せない

インナーケア

 

インナーケアとは

インナーケアという言葉、聞いたことありますか?

 

あまり聞きなれない言葉かもしれませんが、潤いのある美肌になるためには、インナーケアはとっても大切です。

 

インナーケアとは身体を内側から綺麗にすることです。

美肌になる方法を考えるときに、直ぐに思い浮かぶのは、化粧水や美容液をつけたり、日焼け止めクリームをしっかりと塗ることなど、外側からのケアを思い浮かべますよね。

 

もちろん、外側からのケアも大切なのですが、本当に美肌になりたいと思っているのなら、内側からのケアにも気をつけなけらばいけません。

 

今まで色々とコスメを試してきたけど効果がないと感じている方は、是非インナーケアにも気を配ってみてください。

内側からのケアというと、なんとなく難しい感じがしますが、全然そんなことはありません。「生活習慣」を少し見直すだけです。

 

身体の外側からのアプローチだけでは限界があります。特に、30代・40代の女性は、身体の内と外、両方からのケアが大切になってきます。

 

「インナーケア」の基本は、以下のとおりです。

  • 質の良い睡眠
  • バランスのとれた食生活
  • 適度な運動

この3つがとても大切だと言われています。

これらが充実していれば、美肌に限らず元気で健康的に過ごせますよね。

 

寝る時間もバラバラで、運動不足、食生活もあまり気を使っていないという人は、スキンケアと一緒に生活習慣も出来る範囲で、少しずつ見直してみてください

 

「少しずつ」ですよ。

 

効果を早く出したい!と思うあまりに、いきなり全てを変えようとしたり、一気に変えたくなるという方もいるかもしれません。

 

でも、急激な変化は禁物です。最初こそ、頑張って勢いがありますが、その勢いは長続きしないものです。精神的にも体力的にも違和感を感じ、挫折してしまいます。

美肌の為にやろうとしている事が、肌に良くないストレスになってしまっては、逆効果になります。

 

睡眠時間がバラバラの方は、起きる時間、寝る時間を5分ずつ早めてリズムを戻していく。

食生活が心配な方は、身体のバランスを整える野菜を多めに摂って、間食、糖質を減らす。

運動不足が気になる方は、駅やお店では階段を使ったり、一駅分多く歩くなど。

 

できることから始めてみてください。

 

まずは、少しの変化でもいいので、何かを変えてみてくださいね。

 

第一歩を踏み出すことが大切です。

 

 

インナーケアの3つのポイント

インナーケアの基本は、質の良い睡眠・バランスの良い食事・適度な運動ですが、

 


 

 

3つのポイント

 

腸内の環境を整えてあげましょう。

おなかの調子はいかがですか。女性なら、便秘気味の人が多いかもしれませんね。

肌は、もともと食物から摂った栄養分から出来ています。食べたものは小さく分解されて、栄養分として体に吸収されます。

その吸収する働きをしているのが主に「腸」です。腸内環境が整っていないと、栄養分を十分に吸収することができません。

 

肌を作る栄養分がうまく吸収されなければ、きれいな肌を作ることはできませんよね。肌のもとである栄養分を吸収してくれる腸内環境を整えることは、美肌になるためには、特に大切です。

 

おなかの調子はどうですか?毎日スッキリしてますか?腸内環境を整えて、身体の内側から美肌になっていきましょう。

 

次に、身体全体の血の巡りを良くしましょう。

血行を促進した方が身体に良いのは、ご存知ですよね。血の巡りが悪いと十分に栄養分が身体に回らずに滞ってしまいます。そうなると、せっかく食事から吸収した栄養分も、身体の隅々まで行き渡りません。

血行促進とは、体を温めるということなので、ゆっくりとお風呂に入る、適度な運動、マッサージをするなど、血の巡りを良くして体を温めるようにしてください。

 

 

3つめは、肌のコラーゲンを増やしましょう。


コラーゲンを増やすには、「線維芽細胞」がポイントです!

「線維芽細胞?」漢字ばかりの難しい言葉に思えますね。
でも、この「線維芽細胞」は、肌のハリと弾力を保つために、ものすごく活躍している、無くてはならない存在です。

 

肌の奥の真皮という部分で、肌の弾力やハリに必要な「コラーゲン」が作られています。その「コラーゲン」を生み出しているのが「線維芽細胞」です。

 

特に40歳前後になって肌のハリや弾力がなくなってきたなあ。と感じたら、さっそく線維芽細胞を活発にしてあげましょう。   

 

 

「インナーケア」とは、体の内側から綺麗にするということです。

 

様々な種類の食品を食べたり、簡単な運動を普段の生活に取り入れたり、少しずつでも睡眠時間を増やすなど。

 

生活習慣を見直すことで、体の内側からも潤いのある肌を目指したいですね。

肌は、年齢を重ねるほど外からの刺激(紫外線や乾燥など)と、身体の中からの影響(ストレスやホルモンバランスなど)を長時間受けることになります。

 

そして、シミ、シワが増えたり、潤い不足で肌が乾燥、たるみが現れ、肌の老化が進みます。対処しなければ、肌の老化はどんどん加速していきます。

 

潤いのあるマシュマロ肌になる為のインナーケアのポイントは3つです。

美肌になるインナーケアのポイント

  • 腸内環境を整える
  • 血行を促進する
  • 線維芽細胞(コラーゲンのもとになる細胞)を活性化する

腸内環境を整える

腸内の環境を整えてあげましょう。

 

さて、おなかの調子はいかがですか。女性なら、便秘気味の人が多いかもしれませんね。
肌は、もともと食物から摂った栄養分から出来ています。食べたものは小さく分解されて、栄養分として体に吸収されます。

その吸収する働きをしているのが主に「腸」です。腸内環境が整っていないと、栄養分を十分に吸収することができません。

 

肌を作る栄養分がうまく吸収されなければ、きれいな肌を作ることはできませんよね。肌のもとである栄養分を吸収してくれる腸内環境を整えることも、美肌になるためには大切なんですね。

 

おなかの腸内環境を整えて、身体の内側から美肌になっていきましょう。

血行を促進する

次に、身体全体の血の巡りを良くしましょう。

 

血行促進が身体に良いことは、ご存知ですよね。血の巡りが悪いと十分に栄養分が身体に回らずに滞ってしまいます。こうなると、頑張ってバランスよく食べた栄養分も、身体の隅々まで行き渡りません。

血行促進とは、体を温めるということなので、ゆっくりとお風呂に入る、適度な運動、マッサージをするなど、血の巡りを良くして体を温めるようにしてくださいね。

線維芽細胞を活性化する

3つめは、線維芽細胞を刺激して活性化しましょう。


コラーゲンを増やすには、「線維芽細胞」がポイントです!

 

「線維芽細胞?」漢字ばかりの難しい言葉に思えますね。
でも、この「線維芽細胞」は、肌のハリと弾力を保つために、ものすごく活躍している、無くてはならない存在です。

肌の奥の真皮という部分で、肌の弾力やハリに必要な「コラーゲン」は作られています。その「コラーゲン」を生み出しているのが「線維芽細胞」です。

 

特に40歳前後になって肌のハリや弾力がなくなってきたなあ。と感じたら、さっそく線維芽細胞を活発にしてあげましょう。  

人気商品

ホワイピュア薬用美白クリーム

ピンポイントで使える美白クリームです。

トラネキサム酸とアルブチンのダブル有効成分配合!

保湿力が高く、しっかり密着するので使いやすいクリームです♪

今月のおすすめ

完然無添加でとっても肌に優しい洗顔石鹸です。

防腐剤やエタノール、石油系界面活性剤を使っていないのはもちろん、成分表示する義務のない微量な有害物質「キャリーオーバー」も含んでいません。