「ライースリペア」と「ライースクリアセラムNo.6」
毛穴の悩みに効果的なのはどっち?

ライースリペアライースクリアセラムNo.6は、どちらもライスパワーエキスを開発した会社「勇心酒造」の薬用化粧品です。

そんな、ラースリペアとライースクリアセラムNo.6ですが、どちらの公式サイトにも、毛穴の悩みに効果的といった内容が書かれています。

一体どっちが毛穴の悩みに対して優れているのでしょうか?

それぞれの違いが気になるところです。

そこで、ライースリペアとライースクリアセラムNo6では、どちらが毛穴により効果的なのかを調査しました。

ライースリペアの効果

ライースリペアには、ライスパワーNo.11が配合されています。

ライスパワーNo.11の効果は「皮膚の水分保持能の改善」です。

簡単に言うと、セラミドを増やすということです。

この効果は、スキンケアを考える上で、本当に画期的な効果です。

スキンケアで最も大切なことは、しっかりと保湿をすることです。

なぜなら、肌トラブルの多くは、肌の一番外側の角質層が乾燥することで起こるからです。

そして、角質層を潤いのある状態にするために大切な成分がセラミドなのです。

セラミドは、ターンオーバー(肌の生まれ変わり)の過程で作られますが、年齢を重ねるにつれて、セラミドの量は減ってしまいます。

 

角質層にセラミドが十分にあれば、肌のバリア機能が働くので、外部刺激から肌を守ってっくれるし、同時に肌内部の水分が蒸発しにくくなり潤いが保たれます。

セラミドが十分に無いと、バリア機能が働かないので、バリア機能を働かせるために、まだ未熟な細胞が角質層に押し上げられることもあります。

これは、ターンオーバーが早まって乱れている状態です。

さらに、バリア機能を働かせるために皮脂を過剰に分泌させることもあります。

ターンオーバーの過程で、セラミドなどの保湿成分は作られますので、その過程が短いと保湿成分はも少なく、肌の内側は乾燥しているのに、表面だけが皮脂でギトギトした状態です。

いわゆるインナードライ肌になってしまうこともあります。

このように、角質層に十分なセラミドが無いと、様々な肌トラブルになってしまう可能性が高いのです。

ですので、ライースリペアに配合されているライスパワーNo.11の効果は、肌を根本的に改善してくれるは画期的なものなのです。

 

 

ライースクリアセラムNo.6の効果

ライースクリアセラムNo.6には、ライスパワーNo.6が配合されています。

ライスパワーNo.6の効果は「皮脂の過剰分泌の抑制」です。

皮脂が過剰分泌される主な原因は次のとおりです。

  • 食生活の乱れ
  • ストレスによるホルモンバランスの乱れ
  • 不規則な生活によるホルモンバランスの乱れ
  • 乾燥による肌のバリア機能の低下

先ほども言いましたが、肌の乾燥によって皮脂が過剰に分泌されることもあります。

ライースクリアセラムNo.6に配合されているライスパワーNo.6は、原因を問わず、皮脂の過剰分泌を抑制する効果があります。

ただ、皮脂はもともと、肌のバリア機能を働かせるために必要な成分でもありますので、皮脂が全くでないように抑制されてしまうとかえって肌によくありませんよね。

でもご安心ください。

ライスパワーNo.6は、あくまで過剰な皮脂を抑制するのであって、必要な皮脂まで抑制するものではありません。

しかも、この効果が厚生労働省に認められています。

ですのでライスパワーNo.6も、とても画期的な成分なのです。

 

 

どっちが毛穴に効果的なの?

どちらが、毛穴の悩みに効果的なのかということについては、毛穴の種類を知っておく必要があります。

主な毛穴の種類は次のとおりです。

毛穴の種類
加齢が原因 たるみ毛穴 加齢によって肌のハリが無くなることで毛穴が目立つ状態
乾燥が原因 乾燥毛穴 乾燥によって肌がしぼむことで毛穴が目立つ状態
皮脂が原因 詰まり毛穴 本来剥がれ落ちる角栓が毛穴に詰まっている状態
黒ずみ毛穴 詰まった角栓が酸化して黒ずんだ状態
開き毛穴 皮脂の量が多く毛穴が開いてしまった状態

 

たるみ毛穴・乾燥毛穴に対する効果

加齢が原因の毛穴と乾燥が原因の毛穴は、皮脂の過剰分泌は、あまり関係ありませんので、ライースクリアセラムNo.6は、効果的でないということが分かりますよね。

では、ライースリペアは効果的なのでしょうか?

ライースリペアは、皮膚の水分保持能を改善する効果があるので、乾燥が原因の毛穴には効果が期待できます。

ただ、残念ながら、加齢が原因のたるみ毛穴については、ライースリペアでも根本的な解決にはなりません。

でも、ライースリペアを使うことで、肌のバリア機能が正常に働くようになると、紫外線の影響も受けにくくなりますので、シワやたるみもできにくくなります。

 

また、たるみ毛穴が目立つ人は乾燥毛穴になっているケースが多いので、乾燥毛穴が改善されることで毛穴が目立たなくなることもあるようです。

ですので、たるみ毛穴と乾燥毛穴に関しては、ライースリペアの方が効果が期待できます。

 

詰まり毛穴・黒ずみ毛穴・開き毛穴に対する効果

ライースクリアセラムNo.6は、皮脂の過剰分泌を抑える効果があります。

ですので、皮脂の過剰分泌が原因の毛穴に対しては、効果が期待できることはお分かりいただけますよね。

ではライースリペアは効果が無いのでしょうか?

ライースリペアの効果は、皮膚の水分保持能を改善です。

つまり、肌質を根本的に改善してくれるということなんです。

ということは、肌のバリア機能がちゃんと働くようになるので、皮脂を過剰に分泌してバリア機能を働かせようとしなくなるのです。

つまり、肌質が改善されれば自然と皮脂の過剰分泌もなくなってくるということです。

ですので、詰まり毛穴・黒ずみ毛穴・開き毛穴については、ライースクリアセラムNo.6もライースリペアもどちらも効果が期待できます。

ただし、ライースリペアで肌質が改善されるには、ある程度の期間が必要ですので、ライースリペアですぐに皮脂の分泌を抑えることはできないと思われます。

一方、ライースクリアセラムNo.6にも即効性があるわけではありませんが、皮脂の過剰分泌を抑えることが認められた、正に目的に合った成分が配合されているので、皮脂の過剰分泌が気になっている方は、ライースクリアセラムNo.6の方がより効果的だと思われます。

 

まとめ

ライースリペアとライースクリアセラムNo.6の毛穴の悩みに対する効果を表にまとめました。

  ライースリペア ライースクリアセラムNo.6
たるみ毛穴 ×
乾燥毛穴
詰まり毛穴
黒ずみ毛穴
開き毛穴

あなたの毛穴の悩みはどのタイプでしょうか?

肌を根本から改善したい方はライースリペア。

とにかく皮脂を抑えたいという方はライースクリアセラムNo.6。

どちらも厚生労働省に効果が認められて成分が配合されていますので期待も膨らみますね。

もちろん、ライースリペアとライースクリアセラムNo.6を一緒に使っても全く問題ありませんし、より美肌に近づくことができます。

予算に応じて、必要なアイテムを使うようにしましょう。

まずは、お得なトライアルキットでお試しください。

メニュー

Menu