セラミドとヒアルロン酸~どっちが潤う?

セラミドとヒアルロン酸 スキンケアの基本

セラミドとヒアルロン酸はどちらも肌にうるおいを与えている成分として有名ですよね。

 

セラミドとヒアルロン酸

 

でも、両者の違いをご存知ですか?

ここでは、どっちがより潤うのかなど、セラミドとヒアルロン酸の違いについてご紹介します。

セラミドは、表皮の一番外側部分(角質層)にある保湿成分です。

角質層の細胞と細胞のすき間を満たしているのが細胞間脂質で、細胞間脂質の主成分がセラミドです。

皮膚の構造

 

セラミドはもともと私たちの皮膚の角質層にあって、水分を保持すると同時に、ウイルスなどが体内に入らないようにバリアをする働きをしています。

セラミドが減少すると、バリア機能がうまく働かなくなってしまったり、水分が蒸発して肌の老化を招いたり、乾燥肌なってしまいます。

セラミドは、年齢とともに減少してしまいますので、美肌になるためには、しっかりと保湿を心がけたスキンケアをすることが必要なのです。

スキンケアの鍵はセラミド

スキンケアの基本は、保湿です。そして保湿で鍵になるのがセラミドなのです。

スキンケアを考える時には、

  • できるだけセラミドが減らないようにすること
  • 減ってしまったセラミドを補ってあげること

が大切になってきます。

スキンケアのイメージ

出来るだけセラミドが減らないようにする

できるだけセラミドが減らないようにするためには、ターンオーバーを正常にすることを心がけてください。ターンオーバーとは、肌の生まれ変わりのことです。

表皮の一番奥の基底層でできた細胞が、次々と分裂を繰り返して、角質層に達し、最後はアカとなって剥がれ落ちます。これをターンオーバーと言います。

ターンオーバーの過程でセラミドは作られますので、ターンオーバーを正常にすることが大切なのです。

「規則正しい生活をすること」や「間違ったクレンジングや洗顔をしないこと」で、ターンオーバーを正常にしていきましょう。

セラミドのイメージ

減ってしまったセラミドを補ってあげる

セラミドを補うといっても、自分の肌にもともとあるセラミドをそのまま外から補うことはできません。なので、出来るだけそれに近い成分を補ってあげる必要がありますよね。

そこで保湿成分としては、やっぱりセラミドが良いのです。自分の肌にもともとあるセラミドに極めて近いセラミドが良いということです。

どういうこと?と思われるかもしれませんが、化粧品に使われているセラミドには、いくつか種類があります。大きく分けると次のとおりです。

  • 動物性セラミド ~ 動物由来の天然セラミド
  • 植物性セラミド ~ 植物由来の天然セラミド
  • 疑似セラミド ~ セラミドに類似した成分を合成したもの
  • ヒト型セラミド ~ 酵母を利用して生成したもの

 

スキンケアのイメージ

 

化粧品の中に含まれるセラミドとして一番良いのは、「ヒト型セラミド」です。なぜかと言うと、人のセラミドに極めて近いセラミドだからです。

天然の方が良いと思う方もいるかもしれませんが、やっぱり構造的に同じものの方が肌になじみやすく、より効果を発揮してくれるので、「ヒト型セラミド」を選ぶのがベストですね。

 

ヒト型セラミド

ヒト型セラミドは、人の肌にもともとあるセラミドとほぼ同じ構造をしているので、肌への親和性が高いセラミドです。

保湿力や浸透力が高く、刺激は少ないので、保湿重視の化粧品には最適です。

 

セラミドのイメージ

化粧品の成分表示には、セラミド1、セラミド2、セラミド3など、セラミドの後に番号があるものはヒト型セラミドです。

 

  • セラミド1  水分保持機能、バリア機能
  • セラミド2  水分保持機能
  • セラミド3  水分保持機能、シワの軽減
  • セラミド4  脂質バリア層をつくる
  • セラミド5  水分保持機能、ターンオーバー促進、シワの軽減
  • セラミド6  水分保持機能、ターンオーバー促進、シワの軽減
  • セラミド6ll   ターンオーバー促進、シワの軽減
  • セラミド7  細胞の増殖分化コントロール、表皮常在菌のバランスを整える

 

「セラミド2=セラミドNS」「セラミド3=セラミドNP」など、数字でなくアルファベットで表示されている場合もあります。

また、肌にあるセラミドで一番多いのは「セラミド2」で、肌に最も大きな影響を与えると考えられています。

 

セラミドとヒアルロン酸どっちが潤う?

保湿成分としては、ヒアルロン酸やコラーゲンなども良く聞きますよね。

ヒアルロン酸やコラーゲンは、表皮の奥の真皮にある成分です。肌に塗っても真皮には浸透しません。なので、真皮内のヒアルロン酸やコラーゲンが増えるわけではありません。

ヒアルロン酸やコラーゲンは、美容液に配合されている場合、あくまで表皮に潤いを与える成分として配合されています。

セラミドが減ったら、ヒアルロン酸やコラーゲンを使うよりも、セラミドそのものを補給する方が理想的ですよね。

そして、セラミドの方がヒアルロン酸やコラーゲンよりも保湿力が高いです。

 

保湿力 高水分を挟み込むセラミド、レシチンなど
保湿力 中水分を抱え込むヒアルロン酸、コラーゲン、プロテオグリカンなど
保湿力 低水分をつかむアミノ酸、グリセリン、BGなど
スキンケアのイメージ

セラミドは、もともと表皮にある成分で保湿力も高いので、美容液などの化粧品ではセラミドが配合されているものがお勧めです。

でも、セラミドだけでなく、他の保湿成分も一緒に配合されている方が相乗効果が高まるといわれています。

なので、化粧品を選ぶ時は、セラミドをメインにしている(セラミドにこだわっている)化粧品で、補助的にヒアルロン酸やコラーゲンなども配合されているものが良いでしょう。

また、セラミドは、比較的価格が高い成分です。高価なので、セラミドをたくさん配合すると価格が高くなってしまいます。

逆に言うと、低価格の美容液はセラミドが配合されていても配合量が少ない可能性が高いので、肌の乾燥が気になっている人は、質の高い美容液を使いたいところですね。

 

人気のヒト型セラミド配合化粧品

ヒト型セラミド配合で特に人気のある基礎化粧品です。

トライアルセットには、お得な情報が載っているパンフレットも付いてきますので、気軽に試せるトライアルセットを上手に活用しましょう。

ヒフミド

ヒフミドのトライアルセット

価格 980円(送料無料)

セットの内容(7日分)

  • メイク落とし(10g)
  • 洗顔ソープ(13g)
  • 保湿化粧水(20ml)
  • 保湿クリーム(4g)
  • 日焼け止め・化粧下地(0.5g×5包)
  • 花柄トートバッグ

特徴

「年齢とともに失われてしまうセラミドを、もともと皮膚にあるセラミドと同じかたちで補う」という製薬会社視点の基礎化粧品。すべてのアイテムにヒト型セラミドが配合されています。ヒフミドの名前の由来も「ヒフ=皮膚」「ミド=セラミド&メディカル」とのこと。セラミドへの強い思いと製薬会社の確かな研究・技術で生まれた高保湿基礎化粧品です。

主な成分 セラミド1、セラミド2、セラミド3など

アスタリフト ベーシック

アスタリフトのトライアルキット

価格 1,080円(送料無料)

セットの内容(5日分)

  • 先行美容液(0.5g×10回分)
  • 化粧水(18ml)
  • 美容液(5ml)
  • クリーム(5g)

特徴

ハリ肌パワーのアスタキサンチン、美肌ケアのリコピン、保湿成分のヒト型セラミドをすべて「ナノ化」することで、それぞれ角質層に浸透しやすくしています。また、3種類のコラーゲンが肌に潤いを与えてくれます。人気のジェリーをはじめ、肌を土台づくりから見直すアスタリフト独自のエイジングケアトライアルセットです。

主な成分 ヒト型セラミド、アスタキサンチン、リコピン、コラーゲン など

エトヴォス

エトヴォスのトライアルセット

価格 2,052円(送料無料)

セットの内容(2週間分)

  • 洗顔フォーム(10g)
  • 化粧水(30ml)
  • 美容液(10ml)
  • クリーム(5g)

特徴

セラミドが最も大切な保湿成分だと考えているエトヴォス。肌での構成比率の高いヒト型セラミド5種類(セラミド1,2,3,5,6Ⅱ)をバランス良く高濃度で配合しています。お手頃価格で質の高いスキンケアを実現できます。

主な成分 5種類のヒト型セラミド、ヒアルロン酸など

ライースリペア

ライースリペア

価格 1,750円(送料無料)

セットの内容(10日分)

  • 化粧水(20ml)
  • 美容液(8ml)
  • クリーム(5g)

特徴

ライースリペアには、皮膚の水分保持能を改善する効果が認められている「ライスパワーNo.11」が配合されています。通常の化粧品は、ヒト型セラミドなどの保湿成分を補うことで肌にうるおいを与えますが、ライースリペアは、肌の内側からセラミドを増やし、肌機能そのものを改善します。厚生労働省が認めた世界で唯一のライスパワーNo.11の効果で、自ら潤う肌を目指すことができます。

>>ライースリペアの口コミはこちら

主な成分 ライスパワーNo.11など

コメント